旅行カバンレンタルの情報が満載です!

旅行カバンレンタルは経費で落とせる?

旅行カバンレンタルは経費で落とせる? 日帰りと、宿泊しなければいけない距離の出張とでは、持っていく荷物の量は格段に違うと思います。
宿泊を前提とした出張の際、出張先に持っていく旅行カバンがない場合、レンタルすることもありますよね。
その際、経費として落とすことは出来るのでしょうか。
こればかりは会社の規定によって異なるとは思いますが、落とせる見込みはあると感じます。
旅行カバンを借りるほどの距離であれば、海外であると想定します。
出張先でも適宜、会社の人と連絡を取らなければ行けない状況があるでしょう。
その通信費(端末や海外でも使用できるWi-Fiのレンタル費用なども含めて)を支払ってくれている、というのであれば、旅行カバンも必要経費とみなして落としてくれることもあります。
しかし、どういった決まりになっているのかは会社によって様々なので、自分自身で勝手に出るだろう、と判断して行動するのではなく上司や総務などの方に聞いた上で判断するようにしましょう。

旅行カバンをレンタルする際に勘定項目に含まれるもの

旅行カバンをレンタルする際に勘定項目に含まれるもの 旅行カバンをレンタルする際に、勘定項目に組み込まれるのは利用するサービスによって多少変わります。
共通しているのはまず当然レンタル料金そのもので、旅行カバンの種類と借りる日数で決まります。
基本的には実際に利用した日数ではなく、借りてから返却までの期間全てが対象になります。
中には料金を追加して、比較的新しいものを指定できる場合もあります。
そして指定した場所まで送ってくれるサービスがありますが、その場合は送料も含まれます。
無料対応のところも多いですが、絶対ではないためあらかじめ確認しておいた方が良いです。
もし負担するとなれば、受け取るだけでなく返却もまず対象になります。
また破損に関する保証の内容も、あらかじめ料金に含まれているものと、オプションで追加するものに分かれます。
後者の場合は勘定項目に入ります。
その他にも旅行カバンに取り付けられるベルトや鍵などを一緒に借りられるサービスがあり、標準で付属しない場合は料金を付け足す形になります。

新着情報

◎2020/11/16

レンタル旅行カバンのメリット
の情報を更新しました。

◎2020/8/24

レンタル費用の会計項目
の情報を更新しました。

◎2020/6/10

支払いに現金は使える?
の情報を更新しました。

◎2020/04/30

サイト公開しました

「旅行 経費」
に関連するツイート
Twitter